営業時間
平日9:30~18:00
日・祝日10:00~17:00
定休日:水曜日



 

ホーム >  インフォメーション >  ABOUT US >  「お茶にしましょうか。」「お茶淹れてくれる?」「お茶がはいったよ。」
「お茶にしましょうか。」「お茶淹れてくれる?」「お茶がはいったよ。」
 [ 8401hit ]

 「お茶にしましょうか。」「お茶淹れてくれる?」「お茶がはいったよ。」と、

何気ない生活のワンシーンでお茶が登場します。一息つきたい時、気持ちを切り変えたい時、一杯のお茶が効力を発揮することがあります。
 
 緑茶の緑色を目にすると、私たちはやすらぎや安心を覚えます。緑は人間が視覚でとらえられる赤から紫までの可視光線のスペクトルの中で、ちょうど真ん中に位置します。それが表すように、バランスをとり癒しを与えてくれるのが、緑の波長です。疲れたときに欲しくなる色。生命の源の色。人間が心身の安定を保ちたいときに、必要とするのが緑です。
 
 緑茶は、コミュニケーションツールとしても活躍します。お客様にお出しする歓迎のお茶。夫婦喧嘩の後の仲直りのきっかけのお茶。思春期の子どもと接するときのお茶。お友達とのおしゃべりをはずませるお茶。「あなたがそこにいることを、確かに認識していますよ」と、簡単に表現できることが、お茶を淹れるということなのではないでしょうか。
 
 そして、お茶と一緒にあると嬉しいのが、スイーツですね。茶町KINZABUROでは、お菓子もご用意しております。自店の厨房で心をこめて作られるお茶スイーツは、素直で暖かい味がします。
今後も、季節ごとにお客様がゆっくりお茶とスイーツが楽しめるお店を目指していきます。どうぞ、一度ご来店くださいませ。スタッフ一同お待ちいたしております。
 
店長より
ABOUT US )
カテゴリ内ページ移動 ( 11  件):     1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 11    
このエントリーをはてなブックマークに追加

Powered by SHIZUOKA-STYLE